セラミドと一口に言っても、種類があるので、どれを選ぶかが保湿クリーム選びでは大事

市販されている数多くの保湿クリームの中でもとくに多く見られるのがセラミド配合クリームです。保湿クリームには皮膚の表面にフタをして水分が蒸発するのを防ぐ役割が求められますが、そのうえでセラミドは非常に重要な役割を担っています。
参照:セラミド配合化粧品とは

角質細胞同士を結び付け、肌の健康状態を維持している

保湿クリーム

セラミドは細胞間脂質とも言われ、角質層の内部で角質細胞同士を結びつける役割を担っています。それによって角質細胞が整然と層をなして並ぶことで肌の健康状態が維持されているのです。しかしこのセラミドは年齢を重ねるにつれて含有量が減少していきます。

 

よく30歳前後をお肌の曲がり角といいますが、それもセラミドやヒアルロン酸といった角質層内に含まれている保湿成分が減少をはじめるのが大きな理由です。

 

セラミドが減少し不足するようになると角質層の並びが維持できなくなりバラバラな状態になってしまいます。そうなると細胞同士の隙間から水分が蒸発してしまううえに紫外線などの外部からの刺激が角質層の内部にまで入り込みやすくなってしまいます。

 

つまり保湿クリームのおもな目的である水分の蒸発を防ぐことは、外部の刺激から保護することと密接な関わりを持っているわけです。逆に言えば保湿クリームで肌にフタをしつつセラミドをうまく補っていくことで相乗効果が期待できることになります。

性質や原材料で様々な種類に分けられる

保湿クリーム

こうしたメリットがあるため多くの保湿クリームにセラミドが配合されているわけですが、選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。まずセラミドの種類。セラミドには性質や内容の違いと原材料の違いという2つの分類方法があります。

 

前者に関しては11種類に分けられており、保湿対策に優れているのはその中でセラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Uといったタイプです。一方後者の分類では植物セラミド、合成セラミドといった原材料や製造方法ごとによる分類がありますが、もっとも浸透性に優れて人間の肌と相性がよいのはヒト型セラミドというタイプです。

 

こうしたセラミドの種類を詳しく確認したうえで保湿クリームを選んでいくことになりますが、他にもナノ化によって分子量を小さくしたナノセラミドは浸透性により優れているといったポイントも踏まえてチェックしていくと自分に合った製品を見つけやすくなるでしょう。

おすすめタイプ別保湿クリーム口コミ人気ランキング

乾燥が気になったら使ってみたい保湿クリーム

POLA モイスティシモ クリーム

どんなに乾燥した肌もうるっうるの肌に!とにかく潤いにこだわった高保湿クリーム
7,560円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

oneオールインワンクリーム

話題のユーグレナが長時間続く潤いを実現!これまでの保湿クリームでは物足りない方に
4,900円・税別/定期初回1,950円・税別(2回目以降4,410円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen モイスチャーリッチクリーム

@コスメでも高評価!しわやたるみなどの年齢肌に使いたいエイジングクリーム
7000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!