保湿成分の中でもセラミドが配合されている場合が多い

保湿クリームはどのような成分が配合されているのか、基本的な知識を踏まえておくことで適切な製品を選ぶことができるようになるだけでなくより効果的に活用していくことができるようになります。

角質層に保湿成分を届けるのが主な働き

保湿クリーム

保湿クリームのおもな目的は肌にフタをして水分の蒸発や外部からの刺激を防ぐことです。そのうえで角質層に保湿成分を届けて保湿効果をもたらすことになりますから、配合されている成分の多くは保湿成分となります。

 

保湿成分の中でもとくに配合される機会が多いのがセラミドです。細胞間脂質の一種で角質層内におって角質細胞を結びつけ、整然とした構造を維持する役割を担っている成分です。この成分が不足すると角質細胞の構造が乱れてバラバラになってしまい、その隙間から水分が蒸発したり、紫外線などの外部からの刺激が内部にまで侵入するようになってしまうのです。

 

こうした重要性からさまざまなスキンケア製品に配合されているセラミドですが、水溶性ではないため油分と一緒に配合した方が肌へのなじみがよくなるという特徴を備えています。そのため保湿クリームとの相性がよく、多くの成分で配合されています。

 

この成分が配合されている保湿クリームを選ぶ際のポイントは種類や内容に着目すること。セラミドには性質と効果によっていくつかの種類に分けられるほか、原材料の違いによる分類もあります。現在保湿クリームに配合されることが多いのはセラミド1、2、3、6U、そしてヒト型セラミドという種類です。製品をチェックする際に踏まえておきましょう。

天然保湿因子を構成するアミノ酸が配合されていることも多い

保湿クリーム

他にはアミノ酸も配合される機会が多い成分です。角質層で水分保持を担っている天然保湿因子(NMF)を構成する成分のため、補うことで保湿力を高めることができるからです。他にはコウキエキスやダマスクローズ、ビワ葉エキスなど植物由来のエキスもよく見られるので覚えておきたいところです。

 

さらに保湿成分のほかにもEGFやフラーレン、プラセンタエキスなど老化予防やターンオーバーの活性化に役立つ成分が配合されていることもあります。自分が抱えている肌トラブルに合わせて選んでいくのもポイントです。

おすすめタイプ別保湿クリーム口コミ人気ランキング

乾燥が気になったら使ってみたい保湿クリーム

POLA モイスティシモ クリーム

どんなに乾燥した肌もうるっうるの肌に!とにかく潤いにこだわった高保湿クリーム
7,560円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

oneオールインワンクリーム

話題のユーグレナが長時間続く潤いを実現!これまでの保湿クリームでは物足りない方に
4,900円・税別/定期初回1,950円・税別(2回目以降4,410円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen モイスチャーリッチクリーム

@コスメでも高評価!しわやたるみなどの年齢肌に使いたいエイジングクリーム
7000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!