肌の乾燥を招く間違えた保湿ケアとは?

保湿ケアは肌の乾燥を防ぐためのものです。にも関わらず間違ったケアを行うことでかえって乾燥を悪化させてしまっているケースも少なくありません。

肌の乾燥を加速させる保湿ケアの間違いの1つは化粧水をたっぷり使えば効果があるわけではないこと

そんなケアの間違いによる逆効果を防ぐためにも改めて保湿ケアの基本を踏まえておきましょう。まず水分を補充するだけでは十分ではないこと。とくに年齢を重ねた肌は肌の保湿能力そのものが低下しているため、いくら水分を補充してもすぐに失われてしまうという大きな問題点を抱えています。

 

保湿ケアには化粧水をぜいたくに使用するのがよいとよくいわれますが、保湿力が低下した状態で化粧水をたくさん補っても効果には限界があるのです。それどころか化粧水の刺激で肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

なお、化粧水に関しては水分を蒸発させる作用を持つエタノールが使用されていないものを使用することも忘れないようにしましょう。

 

また保湿クリームや乳液で肌にフタをすれば水分が蒸発せずに済むと言われていますが、それだけに頼ったケアも避けるべきです。

 

確かにフタをする効果こそ保湿クリームや乳液の最大の目的ですが、この点に関しても角質層そのものに水分を保持する機能が備わっていなければいくらフタをしても蒸発を防ぐことはできません。容器のフタのようにしっかり閉じれば水分はなくならない、というわけではないのです。

 

このように、乾燥の根本の原因に対して適切なケアを行わず表面だけのケアに留まってしまうと十分な効果が得られないだけでなく、スキンケア製品による負担ばかりが肌にのしかかって逆効果になってしまいます。

基本は肌の保湿力を高めるといった肌環境の改善から

基本は肌の保湿力を高めること。角質層内で減少しているセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分をうまく補った上ではじめて化粧水や保湿クリーム、乳液といった保湿ケアが効果を発揮するのです。

 

保湿成分は美容液で補うだけでなく化粧水や保湿クリームで補うことも可能です。肌への負担をさけるためにもシンプルなケアを心がけながらうまく保湿成分を補っていける環境を築いていきましょう。

おすすめタイプ別保湿クリーム口コミ人気ランキング

乾燥が気になったら使ってみたい保湿クリーム

POLA モイスティシモ クリーム

どんなに乾燥した肌もうるっうるの肌に!とにかく潤いにこだわった高保湿クリーム
7,560円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

oneオールインワンクリーム

話題のユーグレナが長時間続く潤いを実現!これまでの保湿クリームでは物足りない方に
4,900円・税別/定期初回1,950円・税別(2回目以降4,410円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen モイスチャーリッチクリーム

@コスメでも高評価!しわやたるみなどの年齢肌に使いたいエイジングクリーム
7000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!