保湿クリームを使分けるときは季節だけでなく、体の部分によっても使い分ける方が効果的

保湿クリームは一年中同じものを使用するのではなく、季節ごとに適切な製品をうまく使い分けていくのがオススメです。肌環境、とりわけ老化が進んで敏感になっている肌は気温や湿度など周囲の環境からの影響を受けやすくなります。そのため夏には最適な保湿クリームが冬場にも最適とは言えない面も出てくるのです。

夏場は皮脂分泌が増えるのさっぱりタイプが向いている

保湿クリーム

季節による保湿クリームの選び方のポイントは肌と気候とのバランスをうまくとることです。夏場の場合は日差しが強く、皮脂の分泌量が多くなるのがスキンケアにおける最大のポイント。オイル分が多いしっとりとしたタイプのクリームを使用しているとベタつきが気になってしまいます。

 

また皮脂が多く分泌される状況でクリームを多く使用すると化粧崩れを起こしやすくなりますから、できるだけさっぱりした使い心地の製品を薄く使用するのがポイントです。そのうえで日焼け止め効果を備えたものを選べば万全でしょう。

屋内と屋外の温度と湿度の差が肌の負担になる

保湿クリーム

一方冬場は乾燥した空気に肌を晒すことによって乾燥状態が加速してしまうのがスキンケアにおける最大の注意点となります。しかも冷たい屋外から暖房が効いた暖かい屋内に入る際の急速な気温・湿度の変化が肌に大きな負担をかけてしまいます。

 

ストーブで温められた屋内に入ると急速に水分が失われてしまうケースも少なくありません。そんな環境を保護するためにはオイル分が多めでしっとりしたタイプの保湿クリームの使用が求められます。

 

乾燥した空気の影響をなるべく受けないよう肌をしっかりと保護するわけです。また、乾燥の度合いは場所によって異なるのも冬場のケアの難しいところです。

 

目元や口元など乾燥しやすい部分にはワセリンなどとくに保護効果に優れたものを使用する、あるいは水仕事をした後には保湿クリームで指先のケアをしっかり行うといった心がけも忘れないようにしたいものです。

 

こうした夏と冬の環境の違いと肌への影響を見ただけでも季節ごとに保湿クリームを使い分けることがどれだけ重要かが窺えます。一年中同じ製品を使用している方は改めてみてはいかがでしょうか。

おすすめタイプ別保湿クリーム口コミ人気ランキング

乾燥が気になったら使ってみたい保湿クリーム

POLA モイスティシモ クリーム

どんなに乾燥した肌もうるっうるの肌に!とにかく潤いにこだわった高保湿クリーム
7,560円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

oneオールインワンクリーム

話題のユーグレナが長時間続く潤いを実現!これまでの保湿クリームでは物足りない方に
4,900円・税別/定期初回1,950円・税別(2回目以降4,410円・税別)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen モイスチャーリッチクリーム

@コスメでも高評価!しわやたるみなどの年齢肌に使いたいエイジングクリーム
7000円・税別
>>公式HPで詳しく見てみる!